チラシが出来ました!!!

この記事の投稿者: HCメンバー

ご無沙汰しております。
前回の団員募集記事掲載後、少し間が空いてしまいました。
この「師も走る」と昔から言われる師走、みなさま、率直に言えば多忙、前向きに美しく言えば充実した日々をお過ごしのことと思います。
普段は会社員をしている私も例外ではなく、特にこの12月は、文字通り、毎日に忙殺されているうちに過ぎ去ってしまいそうです。しかし、私には音楽(歌うほうはもちろん、聴くほうも!)があるので、仕事だけの人生にならずに済んでいます。
さて、そうこうしているうちに、私たちの次回演奏会のチラシが出来上がりました!

こちらは、プロのデザイナーさんに私たちの想いを伝えながらデザインしていただいたものです。出来上がりを初めて見たとき、私は、青い空、青い地球、青い海を、とても印象的に感じました。青という色は、常に何ごとかに追われがちな私たちに癒しを与えてくれますし、「天地創造」の出来事にふさわしい生命感や命の輝きも感じます。
さらに、今回のチラシは表側のみならず、裏側もカラー刷りになっていて、表側と同じ絵柄ながら、左下にさりげなく配置されている「水と大地と光の復興を願って。」というロゴがまた良いですね。
この美しいチラシを眺めつつ、想像してみました。私たちがこのチラシを掲げて、来年3月16日に開くコンサート当日の様子を。
駅前のきれいなホール。美しい音楽が奏でられ、終演後は、満足した面持ちのお客様に私たち出演者たちは囲まれて、花やらプレゼントやら受け取りながら、「いやあ!良い演奏だった!」なあんてお褒めの言葉をいただいて。
待って。これはもしかして、ただの自己満足じゃないの?
そうです。きっとこの考えは、私たちの中に常にあり、消えることはないでしょう。
身も蓋もないかもしれませんが、正直に言って、あの未曾有の出来事を前にして、私たちがこのコンサートを通じて出来ることなど、そうはないのです。
それでも、この来たるひとときが、みなさまの癒しと活力回復に役立ち、また、私たちの心が今そのときに、この震災で被災したすべてのみなさまと共にあれるような時になれば…。
この美しく、少々控えめな色遣いのチラシに、そんな想いもこめて。
本番まであと約2か月強。想いだけが前のめりにならないよう、引き続き頑張って練習していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバックURL:
http://haydn.jp/2018/12/3436/trackback/